「ヒロ」とは

ボクのやりたいこと

自分の可能性を信じられない人や、今後の展望を開けない人向けに、心理学の教室を作って、講座を提供すること。(現在、コンテンツ考え中!)

このブログの役割

現在は、IT 業界のサポートエンジニアとして働くことも多く、その傍らで、カウンセリングやコーチングなどの仕事も行っていたりします。
このページは、「生きづらさ」を感じていて、「自分の『可能性 』 を信じられていない人」向けに作成しましたが、それ以外のことも書いていこうと考えています。

興味、関心

以下は、ボクが興味、関心を持っていたり、好きなことです。基本的に、「未知」を探求するのが好きです。

心理学

僕が心理学に関わることになったきっかけなどのエピソードを以下に纏めてみました。

心理学に出会う前のボク

仕事でミスばかり、上司や同僚からいろいろ注意を受けていて、自分が何もできない人間だと思っていました。そして、自分が仕事で手一杯になると、焦る焦る・・・。そんな毎日を送っていました。上司に仕事が手一杯であることを口頭で伝えればいいのに、自分のことで精一杯で、今まで溜めていて怒りを突如として爆発させてしまう、そんな人でした。

心理学に出会ってからのボク

自分が「できない」と思ってきたことについて、実は「できる」という前提に立っていなかったことに気づき、「できる」という視点で、仕事に取り組めるようになりました。

自分の「可能性」を信じられるようになり、対人関係では、それまで自分には価値がないと思って、周りの人に対して「いい人」を演じて、言われるがまま従っていた状況だったのが、自分の言いたいことをハッキリと言えるようになりました。

現在は、その段階を越えて、過去のボクと似た状況にある人たちに支援できることを模索し、カウンセリングやコーチングなどの活動をしています。

コンピューター

ボクはプログラム開発の仕事をしているわけではありませんが、仕事やプライベートで自分が利用しているソフトウェアや、マシンについて、「この操作をしたら、どうなるか?」などを探求することが好きです。

マンガ

- 『鋼の錬金術師 』  荒川弘
 登場人物が発する一言一言のなかに、真剣に生きている人間の人様を感じられるところ、中世ヨーロッパの雰囲気が好きです。

- 『MONSTER 』 浦沢直樹
主人公がどんな状況であっても医者の使命を貫き続けるところに、この人が愛され続けるヒントがあるような気がしています。

- 『HUNTER×HUNTER 』 富樫義博
こちら↓を詳しくは見てくださいませ。(笑)
https://hiroakisaito.com/about-jin/

- 『シティハンター 』  北条司
 主人公 冴羽獠は、普段は女好き。それは事実であるけれど、あくまでもそれは表面的な部分。パートナーの槇村香には素っ気なく接しつつも、対等であり、信頼を寄せています。彼女の良さを、女性としてもきちんと見ています。

- 7 つの習慣 スティーブン・R.コヴィー
- 嫌われる勇気 岸見一郎
- 戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった イシメール・ベア

アーティスト

- 宇多田ヒカル
- Salyu
- SEKAI NO OWARI
- Mr.Children