失敗を隠さずに話すと、仕事ができるようになる!

突然ですが、過去において、 僕は、自分のミス・失敗を隠す人でした。

当然、それは仕事において、上司から注意を受けたり、叱られたりするのが怖かったからです。

しかし、あとになって気づいたことですが、実は他にも理由があったのです。

「理想の自分」と「現実の自分」の差

僕は仕事が「できる人」でありたかった。

できる人」は、当時、僕の中における「理想の自分」でした。

なぜ、 「できる人」 でありたかったかというと、現実の自分は、「できない人」であったから。

自分が「できない」ことを受け入れることは、僕自身の「否定」を意味していました。

そんな「できない」自分は存在してはいけない、受け入れられない、と(無意識では)思っていたからです。

このように無意識に思い込んでしまった背景には、過去において、何かの作業で失敗したことで「周りから相手にされない」と感じる体験をしたからです。

「周りから相手にされない」ようなことは、もう 2 度と体験したくない。

今後も相手にされるためには、失敗を知られてはいけない」。

だから、失敗を隠していたのです。

失敗を隠さずに話すと、どうなるか?

失敗を隠さずに話すのは怖いですよね!

でも、失敗を隠すことは、実はとてもエネルギーを必要とします。

もともと 100% の力を発揮できるところ、失敗を隠すことに、 30%、 40% の力を奪われてしまうのです。

その分、本来の仕事にエネルギーを注げなくなり、余計に仕事ができなくなるという悪循環になります。


でも、失敗を隠さずに誰かに話せば、少しの間、そのことは痛く感じますが、それ以後は仕事に集中できるようになります。

↓こんな感じで叱られることって、かなりのブラック企業でなければ、そんなにないのではないかと。笑

そして、周りの人は、あなたが失敗を隠していることは分からないかもしれません。

しかし、「あなたが仕事ができない」ということは薄々気づいていると思います。

なぜなら、そういう雰囲気があなたから出てしまうからです。

(おそらく僕もそうだったことでしょう。笑)

さらに伝えると、失敗しない人はいないんです。

周りの人は、自分の失敗をそんなに重いものだと思っていないかと。

どうせ周りに気づかれているなら、失敗を認めてしまったほうがラクではありませんか?

そして、失敗を伝えることで、逆にあなたの信用は高まります。

最初は怖いかもしれませんが、是非お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください