「悪魔」のカードにおける数秘・図像を含めた意味と解釈

悪魔のカードの概要

真ん中に立っている悪魔の両手が、尻尾のある人間に「お前たちは、こんなこともできるんだぞ!」と誘惑するプレゼンテーションをしている様子にも見えます。

2人の人間は、首に縄を付けられているのに、なぜか幸せそう。

首の縄は、何かをさせられていることを意味するのでしょうが、縄を付けられた人間たちには、自分の考えや意志はないように見えます。

自分で考えて決める様子はなく、要するに指示されるままで何も考えていないのかもしれません。

何も考えないということは、本能のまま生きているということなんでしょうか。


逆位置
欲望を抑える、自分の本当の気持ちがわからない。依存から解放される

悪魔のカードに割り当てられた数字の解釈

悪魔に割り当てられている数字は「15」です。

数秘術の考え方では、奇数のため、外に向かっての働きかけが強い傾向があります。
15は、1+5として考えることができ、6の要素も持っています。
(6に割り当てられているのは、「恋人」のカードです。)

恋人のカードでは、環境と相手が結びついて環境によって「選ばされる」状態でしたが、悪魔のカードでは自分の意志を相手に押し付ける、という意味になります。
6と共通の要素を持ってはいるのですが、15は奇数であるため自分から働きかけるイメージです。

悪魔のカード:図像の解釈

カードには様々な絵柄が描かれています。絵柄が置かれている位置によってメッセージを伝えていると考えられています。

悪魔:
乳房もあり、男性器もあるため、両性具有です。
両性具有は、男性もしくは女性に分かれていないので、パワーがある存在としてみられています。

広げた翼と、意志を示す剣:
翼は「インスピレーション」と「独立や形にする力」を表す位置に広げられており、意志を示す剣は「インスピレーション」と「社会との繋がり」の位置に直線で描かれています。

高次の力が感覚的・物質的要素の階層にまで支配を広げて、同時にチャンスを与えようとしている配置になっています。

悪魔の腰と生殖器:
上記いずれも「生きる目的」を表す位置にあり、衝動的に自分の気持ちが出てしまい、それを抑えにくいという印象です。

悪魔の立つ台:
人が立っているところよりも少し上にあるので、悪魔が人を支配する関係性があります。
台は「個人の人格を形成する土台≒実生活」の位置にあるので、やめられないタバコやお酒など生活習慣と関わりも考えられます。


参考文献: