目標達成は、登り終わった坂を見下ろすイメージで取り組んでみよう!

みなさん、こんにちは、ひろです。

僕は去年の3月くらいから月に2回、ボイトレに通っています。

ボイトレに通い始めたのは、自分の発声方法に課題を感じていたから。

歌の発声方法を学び始めて分かったのは、声の出し方って、「人のあり方」そのものであることです。

さて、今日、お伝えしたいのは、その前置きよりも、もっと重要なことです。

目標達成のイメージ

みなさんは「目標達成」と聞くと、どんなイメージを持っていますか?

正直、僕は「辛そう」「頑張らなければ」というイメージを持っています。

山があって、山を登るには、あの坂を登って・・・・のような、下から上に登っていくイメージです。

実際、そういう側面はあると思うんです。

でも、先日、歌のレッスンで教わったことで目標達成にも関連するなぁ、と思ったことがあります。

今回は、それをシェアしますね。

今僕が練習しているのは、B’zの「Love me, I love you」という曲。

この歌は、出だしが「モヤモヤしてるのがイヤなら」から始まって、めちゃめちゃキーが高いんです。

でも、練習の甲斐あって、僕は、この出だしの声が出せるようになりました。

ただ、その後の曲の途中にある、下のキーから上のキーに上がっていくサビの部分がなかなか歌いにくくて苦労しています。

そんなとき、先生が提案してくださったことがあります。
それは、

「歌の出だしのキーを声で出せるのなら、この歌いにくい部分も出せるはず。歌いにくい部分のキーは『下から上』に上がっていきます。
でも、意識は『上』のキーを出すイメージで、『下』から上がっていくのはどうですか?

です。

実際、それを意識してみたら、急に歌いやすくなったんです。

で、僕はそこで思ったんですが、目標達成に関しても、そういうことないか、って。

目標達成は「下から上」に上がっていく苦行のイメージ。

でも、すでに「上」に登り切った状態を意識して、「下から上」に上がっていくことは、さほど苦労のないイメージに感じませんか?

もし、目標達成について、何か苦行のイメージを持たれている方は、すでに達成している状態をイメージして、取り組んでみると良いかもしれないなぁ、と思った次第です。

何か達成したいことがある方は、この辺のことを意識してみてくださいね!

【お知らせ】

現在、心理学、数秘術を利用して、「自分と繋がる」セッションを提供しています。
以下が提供しているセッションです。ご興味・ご関心あれば、ぜひお申し込みくださいませ。

話して発見!「自分と繋がる」セッション

ABOUT US
traveler_hiro
「自分を繋ぐ」コーディネーターとして活動中。 カウンセリング&コーチング歴7年。 「的確なフィードバック力」と「安心安定感」を持ち味にセッション等を行なっています。