「法王」のカードにおける数秘・図像を含めた意味と解釈

法王のカードの概要

法王の足元に信者が2人いて、法王の話を聞こうとしているように見えます。

でも、法王は、信者のほうを向いておらず、相手が聞いているかどうか確認もせず、一方通行で自分の話を続けている様子。

それは、2人に話しかけているというよりも、むしろ目線の方向にいる、その他大勢(?)の人でしょうか。

目の前の人よりも、大勢の人に熱心に届けたい想いがあるようです。

逆位置
他者に侵入する、侵入される。わがまま。

法王のカードに割り当てられた数字の解釈

法王に割り当てられている数字は「5」です。

数秘術の考え方では、まず5は奇数のため、外に向かっての働きかけが強い傾向があります。

正五角形を思い浮かべた時、その内部で頂点同士を直線で結ぶと、五芒星が出来上がります。

五芒星の頂点が頭、上の左右の頂点が両手、下の左右の頂点が両足です。

両手と両足を広げているため、自由に遊ぶ子どもっぽさのイメージも湧きやすいでしょう。

外からの情報を受ける性質はあまり発揮されません。

なぜなら、五芒星は五角形であり、魔除けの図形。外からの影響を跳ね除けるからです。

5の数字は拡大の意味も表しています。

法王のカード:図像の解釈

カードには様々な絵柄が描かれています。絵柄が置かれている位置によってメッセージを伝えていると考えられています。

顔:
右を向いています。多くの人に開かれた姿勢を示しています。

勺(しゃく):
上位の意識を身近な他人に振り撒いていて、下にいる信者に繋げています。

指先:
心を動かす説得力を表しています。

受取手:
法王の話を聞いていますが、下の位置いるため、対等な関係ではありません。


参考文献: