「死神」のカードにおける数秘・図像を含めた意味と解釈

死神のカードの概要

カードに表されている死神の姿には、肉がほとんどなく骨だけに見えます。

余計なものを削ぎ落として、骨格だけ、という感じです。

まるで「余計なものは要らない、削ぎ落として残ったものだけが大切なものなんだ」と言わんばかりの印象を受けます。

地面にはバラバラになった人体のようなものがありますが、それぞれが部品のように見えます。

作ってあったものが壊されたのか、それともバラバラになっている状態のものをこれから組み立てるのかは分かりませんが、破壊か創造どちらかの意味を指しているのでしょう。

逆位置
変革が中途半端になる可能性や、すっきりしない感じがある。

死神のカードに割り当てられた数字の解釈

死神に割り当てられている数字は「13」です。

13を分解すると、1+3 = 4。

4の数字は、皇帝のカードに割り当てられていて、死神のカードとも共通の性質を持っています。

とはいえ、死神のカードは奇数のため、外に向かっての働きかけが強い傾向があり、外から内に優れた秩序を取り込むことも表しています。

そして、この数字には既存の古いものを壊してしまう性質があります。

死神のカード:図像の解釈

カードには様々な絵柄が描かれています。絵柄が置かれている位置によってメッセージを伝えていると考えられています。

顔:
右を向いているのは、外側への批判です。

腰:
自分の考えが基礎となっています。

鎌:
取っ手が右を向いており、外側への批判を表ています。

バラバラになった身体:
解体と再構築の予感があります。


参考文献: