「運命の輪」のカードにおける数秘・図像を含めた意味と解釈

運命の輪のカードの概要

運命の輪の絵柄を見ると、右側では上昇、左側では下降していて、頂点では休んでいるような動物がいます。

特に、上昇・下降している動物は、それぞれがまるで上り・下りのエスカレーターに乗っているかのような印象を受けます。

こうしてみると、人生には浮き沈みがあって当たり前で、その繰り返しなのだな、と思います。

頂点にいる動物は、こちらを見ていてちょっぴり我が物顔?

「今うまくいってるぜ!」のメッセージかもしれませんね!

逆位置
心の満足を大切にしている、社会的な地位が上がらない、時期的にうまくいっていない

アドバイス
チャンスを活かして!

運命の輪のカードに割り当てられた数字の解釈

運命の輪に割り当てられている数字は「10」です。

10は、1+0で、その意味は「1」はスタート、「0」は輪として考えることができます。

特定の輪(活動範囲)があって、そのなかでスタートという意味になります。

なお、魔術師のカードにも割り当てられている1という数字は、前述の通り、スタートや始まりを示しますが、どこで何をするのか、という具体的なものがありません。

1から9まで辿り着いて、10という数字に至ることで、初めて具体的な場所や状況が明確になることを意味します。

運命の輪のカード:図像の解釈

カードには様々な絵柄が描かれています。絵柄が置かれている位置によってメッセージを伝えていると考えられています。

右側の動物:
上昇しています。この場合の上昇は、社会的な立場の上昇を表しています。

顔:
社会的に強い立場を表しています

左側の動物:
個人的な行為の中に埋没していくことを示しています。


参考文献: