「やりたいこと」を探さなくてもいい、たった 2 つのアプローチ方法

やりたいことを探している人は多いです。

でも、そもそも、あなたが「やりたいこと」を探すのは、なぜでしょうか。「やりたいこと」を探して、その「やりたいこと」ができると、幸せになれそうだからでしょうか。

それとも、今、自分の置かれている状況に対して不満を持っていて、「やりたいこと」が見つかると、その不満が解消されそうだからでしょうか。

なぜ、このような問いかけをしているかというと、かつてのボクは、自分が置かれている環境に対して悲観的で、「やりたいこと」が見つかれば、そこから逃れられて、幸せになれるものだと思っていたからです。でも、実際は、やりたいことも見つからないし、現状に不満を抱え続け、苦しんでいた時期があったからです。

そして、もし、あなたがそんな状況にあるのなら、これからご紹介する、たった1つのアプローチ方法を試すことで、「やりたいこと」を探さなくても、そんな課題が解消するかもしれません。

「やりたいこと」を探して、結果として 「やりたいこと」が見つかった場合でも、この方法を試すことは決して無駄にはならないはず。今回の記事は、ボクが職場で体験した例をもとに纏めてみました。

逃げようとすれば、何度でも同じ状況に追い込まれる

以前のボクは、仕事がつまらない、職場の上司・同僚が苦手、仕事を押し付けられるのが嫌、など、様々な課題を持っていました。

課題が発生する度に、 「あの上司・同僚がいなければ・・・」、「こんな仕事できるはずがない」などと、周りのせいにしていたのです。

でも、どの職場にいっても、苦手な上司や同僚はいるし、難しい仕事ばかりの環境で、自分にとって快適な環境が現れる気配はありませんでした。

では、なぜ、自分にとって快適な環境が現れなかったのか、簡単に理由をお伝えすると、それは、自分自身が身の周りの環境に影響を与えるような「積極的な関与」をしていなかったからです。

積極的な関与をしていない理由

ボクが周りの環境に対して積極的な関与をしていなかった理由は、自分の無意識の中に「自分はできない」「自分が周りに影響を与えられるほど力を持っていない」という前提があったからです。

ボクは、周りに対して自分の意見を伝えられない、自分の思ったとおりに物事を運べない、と思い込んでいました。

そして、「できないに決まっている」と、最初から諦めた状態で仕事をして、「あぁ、やっぱりできなかった」と、事実確認をするために仕事をしていただけでした。(これ、無意識にやっているので気づかないんです。)

この状態を周りの人の立ち位置から見るとどうでしょう?

上司も同僚も、ボクからは何も言ってきていないし、そして、「できなかったこと」だけを伝えてきている。

当然のごとく、上司や周りの同僚は「あいつ、仕事してない・・・」と自分に対して厳しくなるわけです。

それで、ボクは環境に不満を持っている。おかしいと思いませんか?
ボク自身が引き起こしている現象を、周りの人のせいにしているだけだったんです。

現状を変える、たった2つのアプローチ方法とは?

結論をお伝えすると、周りの環境が変わるためには、以下のことが必要です。

  • 自分が思っていること、感じていることを率直に上司や同僚にきちんと伝えること
  • 自分の目の前にあることに対して、「できる」前提で、全力で取り組むこと

自分が思っていること、感じていることを率直に上司や同僚にきちんと伝えること

自分の中でだけで思ったり、感じているだけでは相手には伝わりません。
相手に伝わって初めて、相手はあなたの現状を知るのです。

そこで、実際に環境に変化が起こるかどうかは分かりません。でも、あなたが伝えることで、現状が変わる可能性があるのです。

もし、現状に変化が訪れなかったら、何度でも諦めずに伝えることが大事です。

それでも、変化が訪れなかったら、そのとき、別の選択肢を考えるようにしましょう。

自分の目の前にあることに対して、「できる」前提で、全力で取り組むこと

自分が「できる」か「できないか」は問題ではなく、自分が「やる」か「やらない」かが重要なのです。

「できる」前提で、物事を進めることは、慣れないうちは自分にとって修羅場となります。

今まで「できない」ことにしておけば避けられていたことが、「できる」ことにすると、目の前のことから逃れられなくなるからです。

でも、それは同時に「できる」前提をもって生きると、自分の可能性が信じられるようになります。

自分に対して必死になること、それは自分の魂を燃やすことにつながります。自分が「生きている」実感を持てることになり、それは結果として「幸せ」になっていることかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください